お葬式の服装マナーについて

お葬式に参列することになり、なんとなく喪服を着ているけど実はマナー違反を犯していないか不安になることはないでしょうか。
そんな心配しなくて良いよう、お葬式の服装マナーを抑えておくことは大切です。

まず、お通夜とお葬式ではマナーのラインが違うことをご存知でしょうか。

お通夜は本来、訃報を聞いて取り急ぎ駆けつけるという意味合いのものでした。

台東区のお葬式の情報サイトへお越しください。

そのため、男性はブラックスーツではなくても、グレーや紺のスーツでも問題ありません。


女性もグレーや紺のスーツ、またはスカートとブラウスといった組み合わせでも問題なく、肌色のストッキングでも良いとされています。
しかし、今はお通夜にも喪服を着る人がほとんどですので、連絡を受けてから参列するまで準備をする時間がある場合は、喪服を着て行く方が無難です。



時間がない場合では喪服でなくてもマナー違反となりません。

一方、葬儀・告別式は喪服で参列するのがマナーです。喪服とは男性はブラックスーツ、女性はブラックフォーマルと呼ばれるスーツまたはワンピーススーツです。


男性は白ワイシャツに黒ネクタイ、黒靴下で、女性は黒ストッキングを必ず穿きます。


冬場は黒タイツの人もいますが、ストッキングが礼儀となっています。

OKWaveの最新情報が揃っています。

アクセサリーは結婚指輪のみ、女性は一粒パールのイヤリングとパールの一連ネックレスのみ可です。

また、靴や鞄は黒のもので、金具や装飾が付いてないもの、女性はハンドバッグを選びます。

以上を心得て、マナー違反をしないように注意しましょう。