FXでドルの取引がメジャーな理由

バナー

FXでドルの取引がメジャーな理由

FXの取引を始めれば様々な通貨ペアを取引できるでしょう。

しかし、その前はどうかというと、為替市場という言葉は知っていても、通貨についての知識はあまりなかった人も多いのではないでしょうか。

経済に影響を与える通貨としてドルがあり、それが円に対してどれくらいのレートなのかをニュースで報じることもあります。


ほかにもたくさんの通貨があるにもかかわらず、なぜドルがよく報じられていて、そしてドルがFXでも重要な通貨とされるのかというと、世界的に取引量が最も大きいからです。取引量が大きいことは様々なメリットをもたらします。

その一つが流動性の高さです。



取引量が大きいですから、投機的な取引も行われ、そのために取引量がさらに高くなるという傾向があります。



実需としての取引があまりなかったとしても、投機筋によって流動性が確保されるのです。

そのため、値がつかなくて取引ができなくなると言ったことは考えにくいと言えるでしょう。
ドルの流動性が高い理由は、国際的な商取引の決済通貨として用いられているからです。



日本の企業と海外の企業とが取引する場合、日本円や相手国の通貨を用いるのではなくて、ドルが用いられることが多いのです。

これが商習慣となっていて、実需としての取引は非常に多いと言えるでしょう。


そのために流動性が高いのですが、FXの取引をする上でそれがメリットとなるのはスプレッドの狭さです。

取引量が大きいためにスプレッドを狭くできるというメリットがあるのです。

Copyright (C) 2016 FXでドルの取引がメジャーな理由 All Rights Reserved.