日本語教師と文法について

日本語教師が日本語を教える時に、文法を教えるという場合があります。

日本語教師に有効な情報の紹介です。

そのような時には、日本語を使って解説をすることもあれば、生徒たちの母国語を使用して解説をするという場合もあります。

どちらの方法であっても、解説をする時には明確にわかりやすく行なっていくことが欠かせません。わかりにくく説明してしまうと、生徒が混乱してしまったり理解するためにかなり時間がかかってしまうことが考えられるのです。あまり日本語教師としての経験のない教師は、しっかりと授業の準備をしておくと良いでしょう。
また、文法を教えた後には問題を解かせるようにすると良いです。


問題を解かせることによって、きちんと学習者たちが理解をしているかどうかを確かめることができるようになります。


その時に生徒が弱い部分を見つけた後には、もう一度クラス全体で確認をしていくと良いでしょう。
または、クラスで復習をする時間をしっかりと取ることができなければ、宿題としてまとめの練習をさせることにする方法を選ぶことも可能になります。
日本語教師が教えている時には、生徒の間違いに敏感になることが欠かせません。
しかし、間違いに敏感になりすぎることもあまり良いことではないと言えるのです。



間違いを放っておくというスタンスではなくて、間違いを指摘する時期と内容についてをしっかりと心得ておくことが重要なポイントになります。

間違ったことを毎回指摘されると、モチベーションが下がる生徒もいるのです。