FXで取引できるユーロについて

バナー

FXで取引できるユーロについて

FXで取引する主なつうかと言えばドルですが、それに次ぐのがユーロです。

ユーロはヨーロッパの多くの国が加盟するEUで採用されている通貨です。

多くの国が採用しているために、ユーロの経済圏は非常に大きいと言えるでしょう。

現在、国際的な商取引ではドルが用いられるのが一般的ですが、ユーロはそれに次いで大きな影響力を持っています。



取引量が大きいために、第2の基軸通貨と言われることもあるのですが、しかしながら安定性にはやや欠けていると言えるでしょう。


というのも、そもそも通貨を統合することには無理があると考えられるからです。

通貨を統合しても、それぞれの国は独自の財政を持っています。財政は独自で行いながらも、金融政策をそれぞれの国が行うことはできないというデメリットがあるのです。

金融政策はECB(ヨーロッパ中央銀行)が決定しますから、それぞれの国では金融政策を行うことができず、そのために財政が悪化したときの対処方法が大幅に制限されると言えるでしょう。

このようなことから、ユーロは無理のある通貨と言われることもあります。

FXでは市場のリスク選好度に敏感になることが必要です。

市場がリスク先行的になったときにはユーロが買われることもありますが、リスク回避的な市場であればユーロは安心して売ることができると言われることもあります。



FXではユーロの取引は低コストで行うことができるのが普通ですが、取引する際には市場のリスク選好度を把握しておく必要があるでしょう。



Copyright (C) 2016 FXで取引できるユーロについて All Rights Reserved.